浮気や不倫を疑われやすい行動パターンについて

浮気がわかる女性の勘はすごいとよく言いますが、実は女性の勘だけでなく、浮気を疑われやすい行動パターンというものが存在します。

そこで今回はそんな「浮気を疑われやすい行動パターンについて」お伝えしていきたいと思います。

浮気や不倫をしている方は必見です。

残業や飲み会が多くなり帰宅時間が遅くなる

今まで決まった時間に帰っていたのに、浮気相手と会うため、「残業で遅くなる」とか「会社や取引先との飲み会で遅くなる」と言っている方は注意が必要です。

帰宅時間が遅くなったり、バラバラだとやはり怪しまれます。

本当に人事異動や配置転換、繁忙期などの場合は別ですが、関係なく帰宅時間が遅い場合は浮気を疑われやすい行動パターンなので注意しましょう。

 

スマホを見られないようにしてしまうと浮気を疑われやすい

もしかして浮気や不倫をしてからこんな行動してませんか

・スマホを風呂場やトイレまで持っていく

・電源オフや厳重なロックをかける

・LINEや電話をこそこそしていたり、後でかけなおすといったワードが増えた

これらの行動は間違いなく、浮気や不倫を疑われます。

浮気や不倫の場合、基本的にスマホは連絡手段としてかなり重要なツールですので、見られたらまずいわけです

ですので、見られても問題ないような連絡手段を考えた方がいいかもしれませんね!

帰宅したらすぐお風呂に入るのは危険

浮気相手や不倫相手と会った後、家に帰ったらまず何をしますか?

浮気相手の匂いなどがついてると確実に浮気がバレるのでやっぱりお風呂に入りますよね!?

でもその行動も実は浮気を疑われる行動だったりします。

匂いを消すためにデオドランドスプレーやボディーペーパーなどでごまかすか帰宅までに汗をたくさんかいてから帰宅するなどの偽装工作をしたほうがいいでしょう

 

こちらもおすすめ


PAGE TOP