【今年の夏は海で決まり!!】海ナンパで確実にGETできる女の子の5つ特徴

夏になると暑くて開放的になりやすいですよね!!

それは女の子も同じです。特に海にきている女の子は実はナンパ待ちの子が多かったりします。

そこで今回は海でナンパお持ち帰り確実な女の子の特徴についてみていきたいと思います。

ぜひ参考にしてひと夏の思い出を作っていきましょう。

 

海に行くべき月や時間帯は?

海ナンパを狙うのであれば、8月上旬がベスト

このころになってくると女子大生がテストが終わって遊びに来ているころなのでそこを狙いましょう。

時間帯は昼〜夕方くらいがいいでしょう。15~16時頃は日が暮れた後の予定がなければナンパに応じてくれやすくなるのでこの時間を目安にナンパ活動をはじめてみましょう。

また、この時間になってくると家族で来ている人たちが返るため、よりナンパがしやすい環境になります。

 

散歩していたり、目的もなくただブラブラ歩いてる女の子

ただ散歩していたり、目的もなくブラブラしている女の子はそこそこな確率で「ヒマ」してます。

海ナンパの成功要因のひとつは女の子が「ヒマ」かどうかです。

何も持ちものを持っていない、歩く先にお店や建物がない場合はヒマな可能性が高いので見つけたら必ず声をかけましょう。

ビーチボールや浮き輪で遊んでいる2人組の女の子は成功確率高め

女の子2人で浮き輪やビーチバレーで遊んでいるのはかなり寂しいですよね。

そこへ「へい、レシーブ」とテンションアゲアゲで中に入っていくと女の子もその場のノリでかまってくれるので見つけたら迷わず入っていきましょう

ポイントはテンションアゲアゲで参加することです。

また2人のうち1人がナンパに引っかかってくれると相手のもう1人も必然的についてこざる負えないので成功確率も2倍になります。

ビーチで2人で遊んでいる女の子を見つけたらアプローチしていきましょう。

 

白やピンク、黄色系、かわいい柄のビキニを着ている女の子

海だからビキニを着るのは当たり前だと思うかもしれませんが、ビキニの色や柄によってナンパ待ちの可能性が高いかどうかを判断するこも実は可能です。

例えば、ビキニが黒だとエロ目線で見てしまいますが、近寄りがたくナンパしづらいですよね。

逆にピンクのビキニだと男性にアピールしている感がでてきて、ナンパ待ちしているように見えます。

かわいい柄模様のビキニはそこそこな確率でナンパ待ちの可能性大です。

完全に男を漁りに来ている女の子です。

もし見かけたら間違いなく声をかけてナンパしておきましょう。

女の子の2人組

3人以上のグループだと仲間と海に遊びに来ている可能性が高いので、圧倒的に2人組の女の子だとナンパが成功しやすいです。

特に2人だと「○○ちゃんがいるから知らない男の人だけど別にいいか」となりやすいです。

また2人組の女の子は基本的に「予定がない」です。

女の子2人で海に来ている時点で予定がない可能性が高いのであるとしても門限や終電の時間くらいでしょう。

確実に仕留めておきたい物件ですね!!

 

海の家の店員は穴場スポット

最近、流行のリゾートバイトで都内などから夏季限定で来ている女の子の可能性が高いです。

短期間のバイトなのでそこまで仕事としてとらえている人は少ないですし、また海というシチュエーションもより仕事感が薄くなる要因ですね。

ですので、海の家が空いている時間帯に狙いの女の子を見つけて仲良くなりLINE交換までいくことができればかなり激熱です。バイト終わりや休みの日に遊べること間違いなしでしょう。

最後に

海でこんな特徴の女の子を見つけたらすぐに声をかけていきましょう。

ただ中には本当に海に遊びにきただけの女の子や声をかけたときに彼氏がたまたまいないなどの場合もありますので、空気を読みつつナンパを楽しみましょう。


PAGE TOP