【悪用厳禁】恐ろしいくらい女が落ちる「いじり」について

2017年9月17日

最近、ホント寒くなってきて困ってます(笑)

風邪ひかないように気を付けましょうね!!

 

今回は恋愛テクニックの1つ、女性を「いじる(バカにする)」についてお伝えしたいと思います。

・いじるタイミング

・効果的ないじり方

・フォローのやり方

・いじりテンプレート

しかし、実際の現場では、女性をいじる方法と同等、もしくはそれ以上に、女性をどこまでいじればいいのか…?

適度ないじりはかなり効果的なのですが、一線を越えてしまうと女性を怒らせてしまうかなり難易度の高いテクニックです。

いじりの失敗例

そして、こうやって女性のお客様を瞬間湯沸かし器のように一瞬でブチ切れさせてしま男性に限って、

・前回はこれが女性にウケた

・これは他の女性にはウケた

・これは他の男性がやっていてウケていた

こんな感じの次元の低い『言い訳』をします。

たしかに、いじるスキルは大切ですが、それ以上にその女性のいじられ限界値を素早くキャッチする事のほうが断然重要なのです。

言うまでもない事ですが、どれほど上手にいじったとしても相手女性の沸点を超えて激怒させてしまったら元も子もないからです。

怒らせるくらいならば、最初からいじらないほうがまだマシです。

私も最初のころは、女性を「いじり」それで女性がウケていると自分も嬉しくなり更に「いじり」…、そして最後は、いじり過ぎて相手女性を不機嫌にさせてしまう、といった素人らしい失敗を幾度となく繰り返してきました。

ただ、お遊び程度の合コンや飲み会であれば、別に1人の女性を怒らせ嫌われても「次」の女性にシフトすればいいだけの話です。

しかし、お酒の席では多少の「いじり」を織り交ぜていったほうがその場が盛り上がりますの
で、やはり適度にいじりたいわけです。

いじれる範囲を見極められるようになれば他のライバルがいじり過ぎた女性を優しくフォローする「フリ」をして一気に突破口を開く事も可能になります。

では、その境界線を正確に見極めるにはどうすればよいのか?について具体的にお話しします。

 

正しい「いじり方」について

難しい事は一切考えずに、以下、

・目

・表情

・雰囲気

この3つだけで判断できます。
他はどうでもいいです。

人がマジになるときは必ず、前兆があります。
※空気を読むってことですね!!

それを未然にキャッチしてフォローすればいいのです。
いじられている女性が機嫌を損ねていく時は、目が笑わなくなり、表示が凛とし始め、雰囲気が陰になります。

女性によっては、耳や顔が赤くなり雰囲気がトゲトゲしくなる場合があります。

または、笑っていても目だけが笑っていなかったりします。

こうしたサインが出てきたら要注意です。

適度な緊張から素早く解放してあげる事で女性はホッとして、次の瞬間、あなたの絶妙な感情操作に論理では説明できない安堵感を抱き始めるようになります。

これだけで、調子に乗って女性をいじり、嫌われてしまうような愚かな男に成り下がることは完全になくなります。

更に、この処世術を頭の隅に置きながら正しい、いじり方をすれば、今よりモテるようになる事は言うまでもありません。

一応、念のため、「いじり方」のポイントを簡単にお伝えしておきますと、最後に褒めて終わらせれば途中のプロセスはさほど関係ありません。

**
悪い例
**
男性:「○○ちゃん可愛いね!」
女性:「口うまいですね」
男性:「うん、よく言われる」
女性:「えっ、失礼な人ですね(笑)」
男性:「暗いところで見ると可愛いよ」

**
良い例
**
男性:「暗いところで見ると可愛いよ」
女性:「えっ、失礼な人ですね(笑)」
男性:「うん、よく言われる」
男性:「それにしても○○ちゃん可愛いね!読者モデルとかやってるでしょ?」
女性:「ホント、口うまいですね(笑)」

***

言っているフレーズはどちらもさほど変わりありませんが、最後にヨイショして軽く褒めてあげるだけで印象はガラリと変わります。

あまりにたくさん事例を見せ過ぎてしまうと、あなたのクリエイティブ力を奪い兼ねないので今回はこれくらいにしておきますが、いじる際に大事なポイントは、最後に褒めて終わられる。

この1点だけを意識していただければ大きく外す事はないと思います。

 

こちらの記事もおすすめ


PAGE TOP